ダイヤモンドに関する情報が満載!

ダイヤモンドについての知識はありますか?

ダイヤモンドと言えば一番硬い鉱物ですが、日本では金剛石とも呼ばれています。
また驚くことに不対電子がないため電気を通しません。
誕生石としては四月を象徴し意味は「永遠の絆・純潔・不屈」があります。
産出国はロシア・ボツワナ・コンゴ民主共和国・オーストラリア・南アフリカ共和国があげられます。
ダイヤモンドの硬さは有名ですが、工業用の研磨作業機や鏡の研磨、爪の研磨にも使用することができます。
ダイヤモンドは主に4Cから美しさが表現されます。
4Cとは「カット」「カラット」「カラー」「クオリティー」の事を言います。
カットは石のカットデザインでブリリアントカットが有名です。
カラットは石の重量で大きさと表現されることがあります。
カラーは色の事ですが無色透明のものが良いのですが、特別に色の付いたカラーダイヤもあります、これはブルーやレッドやイエローがありますが希少価値のあるものです。
クオリティーは石の傷や内包物のあるなしなどで変化します。
肉眼では確認できない傷や内包物でも顕微鏡では見ることが出来るのでそこからランク付けを行います。
この4つのCにより価値が決まり、お値段が付けられますが、より大きく、より美しいカット、無色透明度がとても重要視されます。

アクセサリーであり現物資産でもある

ダイヤモンドは科学的観点からいえば単なる炭素の塊です。
しかしその分子の配列が整っていることによって、人間の目から見た時にすばらしい価値を持つものなります。
光とともにあるダイヤモンドはきれいな輝きを放ち、その輝きに人は皆惹かれてしまうのです。
ダイヤモンドは市場で取引が行われる貴金属や鉱物の類です。
その取引の3分の2はオランダのアントワープを何らかの形で経由していると言われています。
歴史的にこの取引を保護しようとした国家が取引に対する税金等の制度を優遇したため現在でも有数の取引の場所となっているのです。
この宝石は、アクセサリーとしても魅力的ですが、場合によっては経済的価値の保存方法としても用いられます。
金(ゴールド)と同じく、持ち運びが可能で紙幣や金属貨幣よりもかさばらないというのが特徴となっており、富裕層の間では金と並んで現物資産として重宝されています。
最近は大規模な金融緩和が世界的に行われており、紙幣の価値の毀損が心配されています。
そういう意味でも、この宝石が見直されています。
アクセサリーとしての存在価値だけでなく経済的価値の保存手段として見てみると違った輝きがこの宝石の中に見つけられるかもしれません。

おすすめWEBサイト 5選

日常生活で傷ついた部分のリペアや補修ならお任せください。

リペアや補修を依頼

ステビアの茎の秘めたるパワーに着目し研究をすすめ開発した健康食品です。

ステビア

沖縄でのダイビングを優しくサポート。

沖縄ダイビングライセンス

Last update:2017/9/8